左脳と右脳の働きと白髪の生え方に関係はあるのか?

白髪の発生に悩んでいる人は老若男女問わず増えています。現代社会では仕事や対人コミュニケーションなどによる精神的ストレス、寝不足や運動不足、生活習慣の乱れなど、白髪の発生の原因になる要素がいくつもあります。

私も20代前半から白髪が生え始め、30代になる頃にはかなり目立つようになりました。白髪の生える場所は後頭部と左右の耳の周辺が特に目立ちます。人によっては右の側頭部には白髪が生え、左には全く生えないという人がいたり、また逆の人もいるようです。

よく頭を良く使う人ほど白髪が生えるという噂を聞きますが、右脳と左脳の働きと白髪の生え方に関係はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

右脳と左脳と白髪の関係

脳の使い方によって、白髪の発生場所に違いがあるという可能性があることが分かっています。しかし可能性があるということで、確実な根拠があるわけではないようです。

しかし、脳の活動には酸素が必要不可欠で、絶えず脳を使っている人は頭部の細胞が酸欠状態になっています。そのため、酸素と栄養が頭の細胞にうまく運ばれないことで、髪の毛の黒い色素を作るメラノサイトという細胞がうまく活動ができなくなるため、白髪が発生するのではないかと考えられています。

そのため、片側の脳に負荷がかかることで、片側に偏って白髪が発生することになります。

★あわせて読みたいおすすめ記事★

右脳と左脳の役割

右脳と左脳はどんな働きをしているのか把握していきましょう。

右脳の役割

右脳は主にひらめきなどの「感性」をつかさどる脳になります。

  • 全体の情報処理
  • イメージをふくらませる 創造力
  • 図や画像の認識
  • 芸術的な感性
  • 音楽を聴く    など

右脳は見たままの情報を記憶する能力に優れており、生活の中で必然的に使用しています。そのため、左側より右側の頭部に白髪が生える人の方が多いとされています。

また芸術的な感性に関係しており、芸術家やミュージシャンは右脳が発達している傾向があります。

左脳の役割

左脳は主に「分析」を得意とした脳になります。

  • 解析・分析
  • 理論的
  • 言語理解・計算  など

言語や数字の計算・分析をするときは左脳を使うことになります。

そのため、文章を読んだり数字を扱う機会の多い方は左脳が発達している傾向にあります。

白髪の場所で分かる体の不調

白髪の原因は老化やストレスだけでなく、病気の可能性も否定できません。

白髪の発生と同時期に体の不調があった場合には、病気を疑う必要もあります。白髪の発生する場所で体の不調箇所を判断する目安になります。

・前頭葉

便秘や痔などの腸や肛門の不調の可能性

・前頭部

胃もたれや胃潰瘍などの胃の不調の可能性

・右頭部

腎臓の不調や病気の可能性

・左頭部

肝臓の不調や病気の可能性

・後頭部

精力減退・生理不順・冷えなどの可能性

・つむじ

肺や心臓の不調の可能性

・耳周辺

虫歯など歯に関する不調の可能性

その他の病気

上述した病気や不調以外にも、白髪を発生させる可能性のある非常にやっかいな病気があります。

・腎不全

腎不全とは腎臓の病気です。腎臓は血液をろ過し、老廃物を尿として体外へ排出する働きをしていますが、このろ過機能が低下し、老廃物を排出できなくなる病気になります。

腎不全になると全身の臓器に悪影響を与え、髪の毛も正常に成長できなくなり、白髪が発生してしまいます。

・甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は喉の下にある甲状腺から分泌される、甲状腺ホルモンが正常に分泌されなくなる病気になります。甲状腺ホルモンは体の新陳代謝を促し、新しい細胞を作り出し、体の成長と健康を維持する上で重要な役割を果たしています。

甲状腺ホルモンの分泌が低下することにより、体の細胞に悪影響を与え、頭皮の細胞のメラノサイトも正常な働きができなくなり白髪が発生します。

・悪性貧血

悪性貧血はビタミンB12が不足することで起こる貧血で、ビタミンB12をうまく吸収できなくなる病気になります。

ビタミンB12はDNAを作り出すのに必要な成分で、不足することでDNAが正常に作られなくなります。それに伴い、髪の毛を黒くする色素も作ることができなくなるため、髪の毛が白髪になってしまいます。

まとめ

・脳を酷使することで頭が酸欠状態になり、細胞の働きが低下することで白髪が発生する。

・右脳と左脳のどちらかに負荷が集中することで、白髪の生える場所も偏る傾向にある。

・右脳の役割は見たままを判断する感性の脳で、日常的に使用している。

・左脳は分析を得意とし、言語理解や計算するときに使用される。

・白髪の生える場所で体の不調が分かる場合がある。

・白髪を発生させる病気として、腎不全・甲状腺機能低下症・悪性貧血などの怖い病気がある。

以上、右脳と左脳の働きと白髪の関係についてでした。

白髪の発生が病気のシグナルになっていることもありますので、体の不調を感じたら病気を疑い、早期受診をするようにしましょう。

 

 

コメント